修正していいんだ!

38. 2012 重要なメッセージ

バシャール - 人気No.1ビデオ - 2010-2012 重要なメッセージ
Bashar | 2012

 

 

 

クリティカルマス

 

B:勿論幾つかの異なった解釈やそれに関しては多くの異なった考えがあります。良く知られているもの以外にもそう言えるでしょう。

 

Q:全部説明して下さい。

 

B:幾つか違う考えについてお話出来ます。

 

 

『クリティカル・マスの分岐点とポジティブな勢い』

 

一つは多くの皆さんに既に話した事ですが、皆さんが2012と呼んでいる分岐点は、単なる集合意識の先端だという事です。それがクリティカル・マス(※1)の分岐点を超えて行く時のこの考えが示すのはその特別な瞬間の向こう側ではやがて地球上ではポジティブな勢いがネガティブな勢いよりも強くなるだろうという事です。分かりますか?

 

そしてこの変化をどのように体験するかは、繰り返しますが実際あなた次第なのです。覚えていて下さい。

 

『無限のパラレル・リアリティと波長のシフト』

 

無限のパラレル・リアリティが全て同時進行で存在しているのです。ある意味、本当はあなたが自分の住んでいる世界を変えるのではなく、あなたが自分の波長を変えているのです。自分が体験したいと思う世界の波長になるように、そしてそのようなパラレル・アースを体験しているのです。

 

それは既にそのレベルに存在しています。まるで自分の周りの全てが変わったように見えるかもしれませんが、しかし実際に代わったのはあなたであり、ある意味、自分自身をそのような世界にシフトさせたのです。そこは既に存在しているのです。

 

その世界に相応しいバージョンの他の人達が。彼らはその世界と同じ波長を持っています。その波長に無い人々は、もはやあなたの現実に現れなくなります。彼らはいずれにせよ、あなたの人生から消えていなくなってしまうでしょう。

 

時間が経過していくと、今はまだあなたは自分と非常に異なる信念体系を持った多くの人に出会う事に集合的に合意していますが、もしかしたらそれは、あなたの好きな波長とはとても相容れないものかも知れませんが、やがてこのような事は不可能になります。

 

どうなるかというとそれらの人々は単にあなたの現実から次第に消えていなくなり、彼らの波長に相応しい現実に残るのです。そしてあなたが彼らの現実から消えてしまいます。「誰々さんはどうなってしまったんだろう・・・?」

 

彼らは別な地球にいます。そして自分達の波長、一番強い信念に従った体験をしています。ですからこのような変化を体験していく時や、地球上の変化について考える時には、覚えていて下さい。予言された多くの事は予言をした当時のエネルギーが存在する時に述べられたものなのです。

 

『予言と未来予測』

 

何故なら未来の予言というものは、本当は存在しないからです。予言というのはエネルギーを感じ取る事なのです。その予言がされた時に存在するエネルギーが、もし変わってしまえば予言が使い物にならなくなります。もし変わらなければ予言が当たったという事になります。でもそれも皆さん次第です。

 

多くの場合は予言を聞く事で結果が変わってしまいます。何故ならその予言に関して何か出来るようになるからです。予言をした人間はこう言っているのです。「見て下さい。これが今の私達のエネルギーです。このままでいいのですか?それとも変わりますか?この変化をどんな風に体験しますか?こうですか?ああですか?」皆さん次第なのです。

 

あらゆる事を検討しましょう。これが私達が理解している事です。次はあなた方が決めるのです。あなたはこの変革をどんな風に体験したいですか?あなたはどんな関係を持ちたいでしょうか?皆さんの間やこの世界に対して、霊的な存在や大いなる全てに対して、あなたはこの現実を、どんな風に体験したいですか?そしてどんな存在になりたいですか?それがあなたが体験する内容を決めるのです。

 

そして時の間は、この変革をとても破壊的で恐ろしく、ゾッとする様な方法で体験する選択をした人の、すぐ隣に立っている事さえ可能です。そして、彼らのすぐ隣に立っていながら、彼らが体験している事を何も体験しないでいられるのです。全く。全く何も。分かりますか?

 

Q:はい。

 

B:これであなたの知りたい事が少し明確になりましたか?

 

Q:はい。

 

 

 

『輪ゴムのアナロジー』

 

私達が使った別なアナロジー(※2)は、闇についてです。あなた方がこの惑星で創り出した『闇』という体験は、ポジティブなスピンを得る為なのですが、私達はこれを『輪ゴムのアナロジー』と呼んでいます。

 

説明の仕方はこんな風です。皆さんの惑星には丁度「輪ゴム」というものがあると思いますが、皆さんも知っている通り輪ゴムを持って後ろに引っ張り手を離すと、別な方向、反対の方向へ飛んで行きます。皆さんがどれだけこの惑星で不自由さと闇を体験出来るか選択をしたのは、本当に素晴らしい事です。何故ならどれだけ『闇』を体験出来るかという事は、どれだけ光を体験出来るかという事と同じだからです。

 

輪ゴムのアナロジーとは、輪ゴムを闇の方へ強く引っ張った分だけ、あなたがそれをついに手放す決断をした時には、それは遙か遠くへ、しかも素早く反対の方向へと飛んで行く、という事です。何故ならそれまで闇の方へ引っ張る事で、全ての勢いと全てのエネルギーを、そこに込めるからです。

 

ですからあなた方がとうとうクリティカル・マスに到着して、とうとう分岐点を超え、そしてついに手放すと、とても長い間張り詰めて、この闇の中でじっとしていた後では、非常に速く反対の方へ飛び出して更に遠く光の中へ飛んで行きます。

 

 

『深い記憶と無条件の愛』

 

皆さんの世界は今、無条件の愛のレベルを近い将来体験する準備をしているのです。皆さんの惑星にはかつて無かった事です。遙か古代においてさえ、宇宙の他の文明、もっとお互いが結び付いていて、スピリットとの繋がりをもっと覚えている文明でも、皆さんがこの地球で闇から光へ通り抜けた様な、こんな経験をした事はありませんでした。ですからその記憶はとても深いものになるでしょう。

 

そのような道を辿った後では、そして愛が再び生まれたら、二度と失われる事は無いでしょう。そしてあなた方の年で1000年の内には、あなた方はもうこの世界に人類として、生まれ変わる事は全く無くなるでしょう。

 

そして他の存在が使う為に、この場所を明け渡します。彼ら自身の旅の為に。彼ら自身の経験の為に。彼ら自身の自己発見の為に。そこであなた方は彼らを導き、彼らを助け、彼らのスピリットとなり、彼らのエンティティ(※3)となる事でしょう。皆さんは彼らを導く為に頼るべき存在となるのです。

 

 

 

最先端に乗って下さい。あなた方の集合意識が変容していく波の先端に。自分自身の波に乗って下さい。あなたの望む未来に向かって。『今』を生きて下さい。

 

あなた方の年で、2012年の境界点・分岐点に差し掛かった時、あなた方のバランスが今までの状態、全体としてややネガティブな集合的エネルギーから全体としてややポジティブな集合的エネルギーへと傾くと、その分岐点となる瞬間に向かって進み、そこに到達する事が出来ます。本当の自分ともっと完全に調和して、そのようにして形勢の逆転が起きると、長い時間の中で初めてあなた方の世界の集合的エネルギーが、ついに、ややポジティブになるのです。その後は乗って行けば良いのです。加速して雪だるま式に大きくなるエネルギーにそれはどんどん加速を続け、拡大し続けます。その時点から先は、時間と共に。

 

『Let Go 手放す』

手放す

 

『物事は決まったやり方でやらなければいけない』という考えを手放して下さい。

 

『自分はこうでなければいけない』という古い考えを手放して下さい。

 

あなたにとって『上手くいかない』古い考え方を手放して下さい。

 

あなたとは『無関係な物事』を手放して下さい。

 

それらを一緒に持ち歩く必要は無いのです。

 

『Let Go 手放して下さい。』

 

『Let Go 手放して下さい。』

 

『Let Go 手放して下さい。』

 

 

 

(※1 クリティカル・マス=@IT用語:クリティカルマスとは、マーケティングに関する用語で、ある商品やサービスの普及率が一気に跳ね上がるための分岐点となっている普及率のことである。 A日英・英日専門用語辞書:臨界量,限界質量,臨界質量,限界量 Bクリティカル・マス(クリテカルマス)とは、1992年にサンフランシスコで始まり、現在は世界各地へと広がっている多数の自転車利用者が週末に一緒に走る団体名。クリティカルマスの歴史 ←これを読むとIT用語と辞書の意味が合わさり、より深く詳しく理解出来て面白いです)

 

(※2 @アナロジー=類推(るいすい)は類比(るいひ)、アナロジー(Analogy)ともいい、特定の事物に基づく情報を、他の特定の事物へ、それらの間の何らかの類似に基づいて適用する認知過程である。wiki A簡単に言うと、ある複雑なものごとを説明する際に、同じ特徴をもった、もっと身近な物事にたとえて説明すること Yahoo!知恵袋)

 

(※3 エンティティ=@IT用語:一単位として扱われるデータのまとまり。なんらかの標識に対し、その実体であるデータの集合を指す。「実体」と訳されることもある。A辞書:実態・存在(物) B海外SEO情報ブログより:人や物、事、場所等の存在を表す概念 Entityとは? ←真ん中ら辺にある記事を参照して下さい。具体例によってより理解出来るかと思います。・・・って事は彼らの一側面を作っているものって事?)

 

 

 

 

今回の動画は物凄く沢山の画像が使われていました。文面中に全部載せると読むのに集中出来ないと思いましたので、まとめてこちらで鑑賞して下さい。いちいち加工しています。加工するのが好きなのですが、こんなにあると「何の罰ゲーム?」と思いました。動画の中で使われている画像は、フリー画像かどうか分かりませんので、著作権とかその辺の事は分かりませんので、ご自身の判断でどうぞよろしくお願いします。

 

2012年古い時代の終わりの始まり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

38. 2012 重要なメッセージ(完)

ページ上部へ戻る