『良い一日を』

41. 序章&未来のET予測 火星に生命の痕跡が・・・

序章&未来のET予測 火星に生命の痕跡が・・・

 

地球外文明の存在とオープン・コンタクト 
宇宙連盟への参加 
2012年のシフト 
太陽系で見つかる生命の痕跡

 

 

 

未来予測 ET 宇宙人

 

バシャール『良い一日を』未来の予測

 

B:皆さんの時間で今日はこんにちは!元気ですか?

 

会場:元気です!

 

B:分かりました。ありがとう。皆さんの時間で今日はこんな風に始めたいと思います。まず何よりもこの交信を共同で創造してくれた事に対して、皆さんの一人一人に感謝します。

 

毎回毎回私達が皆さんの文明を経験する度に、無限なるものが『創造』の中で自分自身を表現している数多くの方法を理解する事が出来ます。これは私達にとって贈り物です。ですからこの分かち合いと、この機会に、大いなる全てからなる多次元体の水晶のより多くの一面を知る事が出来て感謝をします。

 

皆さんの時間で今日は未来の宇宙連合と呼ぶべきものについて、少し話す事から始めたいと思います。

 

皆さんに既に少し話をしたのは、これから未来に起こって来るだろうことですが、皆さんの世界の統合と、そして最終的には多くの異なる文明からなる私達の同盟、連合への参加についてです。

 

繰り返しますが、覚えておいて下さい。決まっている未来の、『たった一つの予測』というようなものはありません。それは何かというと予測をした時に存在するエネルギーを感じ取る事なのです。現在のエネルギーを感じ取る事なのです。

 

ですからもしエネルギーが変わらなければ、予測された出来事は実現します。しかしエネルギーはいつも変化します。とは言っても時には特定の方向、特定の道筋については大きな勢いがあり、その為、そのエネルギーは変化し辛づらく、予測した出来事が実現する可能性は一層高くなります。

 

以前に次のような話をしましたが、今後、高い可能性で、皆さんの年で2015年〜2025年に掛けての何処かで多くの人が知る確かな事実として地球外文明が存在する事が分かります。別に宇宙船の大量着陸がそこで起きると言っている訳ではありません。しかし皆さんは、私達が存在している事を知るでしょう。

 

そして、皆さんの年で、2025年〜2033年の間に、非常に高い可能性で、何らかのオープン・コンタクトが起こり、それがいわば公表されるでしょう。それは更なる交流へと続き、最終的にはいつの日か、最も高い可能性として現在のエネルギーを見る限り、皆さんの年で2040年になる前に、地球は私達の同盟の一員となるでしょう。

 

未来予測 ET 宇宙人2

 

Q:2012年に一定のレベルの波長になっている人達というのは・・・次元のシフトをするんですか?

 

B:皆さんは常にシフトしています。2012年の12月21日がある種の集合的なシフトを表す特別な境界だというのは確かです。それは皆さんの惑星の地球外文明に対する隔離期間の終了も意味します。だからと言ってすぐ次の日に私達が着陸するという訳ではありません。

 

しかし皆さんの惑星が本当に準備が出来ているならば、それが可能だということです。それは又、古いパターンのサイクルの終わりであり、新しいサイクルの始まりです。皆さんの集合意識に多くの収束(コンバージェンス)が起きます。それはいわば最先端であり、衝撃波のようなものです。

 

皆さんの集合意識が分岐点を超えて行く時の、皆さんが常に分岐点を超えているとしても、ある意味それは多くの波長が一体となるような、『同期』が起きる瞬間です。それによって多くの皆さんが一緒に超えて行けるのです。

 

 

未来予測 ET 宇宙人3

 

(別の質問者に変わる)

 

B:宇宙にはまだまだ発見するべき事は沢山あるんです。いいですか、火星に生命の痕跡が見付かるでしょう。エウロパにも生命の痕跡が見付かるでしょう。外惑星で今は信じる事も出来ないような現象が見付かるでしょう。発見するべき事は沢山あります。ここは素晴らしい場所です。

 

Q:太陽系と太陽神経叢の関係についてもですか?

 

B:そうです。物事に名前を付けるのに偶然はありません。息子(Sunサン:太陽)よ。

 

Q:ありがとう、お父さん。

 

B:どうもありがとう。

 

Q:大変感謝します。

 

B:私達も感謝します。

 

41. 序章&未来のET予測 火星に生命の痕跡が・・・(完)

ページ上部へ戻る