大きなチャンスの扉

2010〜2015年 Aこの期間をどう生きるか

2010-2015 2/3 この期間をどう生きるか
2010 - 2015 Channeling 2/2

 

 

 

 

 

思い出して下さい。あなた方の政府はあなた方自身です。そこに分離はありません。あなた方の組織、あなた方の政府について考えた時に、オープン・コンタクトの準備が出来て、そうしたいという意志があるならば、そのような政府になって下さい。あなた方の力を愛に満ちてバランスが取れ、エネルギーに溢れ、創造的な方法で取り戻して下さい。

 

あなた方が望むような世界に住みたいという意志を実証して、表現して下さい。それは長い間、あなた方の意識の中に細分化して隠してしまったものと交流する事を恐れない世界です。

 

政府のエゴと交渉して下さい。政府が最善を尽くす事が出来るのはあなた方に選ばれた事を実行する時だけなのだと教えて下さい。自分自身を恐れから守って下さい。政府にその為の仕事はもう必要ないのだと教えてあげて下さい。あなたは既に自分自身で対処する準備が出来ているのです。

 

今話した事は自分の中の全てのものと、直面する恐れを持たないという事です。自分の中の全てが統合される必要があるのです。あなたのエネルギーをあるところまで加速して、私達と顔と顔を合わせて交流が出来るようになる為に。

 

この期間を超えてあなたのエネルギーが加速されていき、あなたとハイアーセルフの関係がこの5年を通じてもっと調和が取れるようになると、それから先2015年以降は個人的なコンタクトが加速されていきます。

 

そして2025年以降、2033年に掛けてが現在のエネルギーを見る限り、最も可能性が高くなります。本当の意味での地球のオープン・コンタクトがその時間枠のどこかで起きるでしょう。

 

しかしその為には、次の事を気に留めて置く必要があります。この5年の間に、5は人類を表す数字ですが、あなたとハイアーセルフが完全に統合されるようになって下さい。その事に最善を尽くして下さい。

 

自分にとって上手く行かない物事を手放して下さい。その事に最善を尽くして下さい。例えあなたにとって上手く行かない事であっても、その事に出来る限り敬意を払って下さい。そのようにすれば、それらを自分のエネルギーと同化したうえで更に他の事へと進んで行く事が出来ます。裁いたりせず、恐れたりせず、無にする事も無く。

 

この5年の期間は決定的に重要です。あなた方がよりあるべき人類『ホール・ピープル』として存在する為に。それが本来のあなたなのです。あるべき人『ホール・パーソン』になって下さい。人間になって下さい。真の人間という存在に。

 

ですからこの5年の間にはあなたにとってチャレンジとなる事が「不意に」訪れるかもしれない、という事も理解して下さい。そのような時には是非、中立な状態で立ち向かって下さい。中立とは、『自分と自分の観念のバランスを取って』、という事です。そしてそこに肯定的な意味を与える時、それが何であれ、あなたの人生のおいて常に肯定的な結果に変える事が出来るのです。このようにして、毎年毎年進んで行って下さい。自分の喜びに従って、この5年の期間は、毎年毎年行動して行って下さい。2015年にあなたが結晶化するその時まで。ホール・パーソンとして。

 

それは全てを含んだ全体的な存在であり、フィジカル・マインドとハイヤー・マインドのバランスが取れ、いつも中心にあって中立的な立場から人生を歩いて行ける、そんな存在です。そして何よりも自分自身に対してハートを開いて下さい。自分の事をもっと愛して下さい。あなたにはその価値があります。繰り返しますがそうでなければあなたは存在していません。

 

信頼して下さい。大いなる全ての無条件の愛が、あなたを創ったのです。信頼して下さい。あなたにはその価値があります。繰り返しますが、そうでなければあなたは存在していません。この事を知って安心して下さい。あなたは永遠に、そして即座にサポートされているのです。この事を理解して安心して下さい。

 

創造は瞬間的です。あなたの行う事は全て瞬間的に創造されているのです。そのように見えないかもしれないただ一つの理由は、一つの創造された瞬間と次の瞬間の間に、あなたが大きな違いを創り出していないからです。そしてゆっくり進んでるんだという幻想を作り出しているのです。

 

しかしあらゆる瞬間が新しい瞬間であり、あらゆる変化は完全な変化です。そして全ての創造は即座に創造されているのです。ですからあなたは何かを創造するのにいかにスピードを上げるか、という事を学ぶ必要はありません。あなたが学ぶ必要があるのは次の瞬間の創造を一瞬前にそこにあったものと比べて、いかに大きく異なったものにするかという事です。そのようにすれば理解する事が出来るのです。

 

いかにあなたが素早く創造して、いかにあなたが素早くシフトして、いかにあなたが素早くパラレル・リアリティを移動しているのかを。それを教えてくれるのは一つの瞬間と次の瞬間の違いの大きさなのです。あなたがいかに素早く動いて、いかに瞬間的に創造しているのかを、あなたが一つの創造と次の創造の間にほんの小さな違いしか創り出していない時は、あなたは自分が即座に創造しているのだと気付く事が出来ません。何故ならあなたは時間と空間の連続性の中で迷子になってしまうからです。

 

 

ケネスが、私達のダウンロードに参加して、次の考えを分かち合ってくれます。もし心に留めて置いたら、あなたが思い出すのに役立つでしょう。私達の時間と空間がいかに柔らかいかという事と、現実の創造がいかに柔軟化という事を。このダウンロードに参加してくれたケネスに感謝します。

 

ケネス ケネス・・・ ケネス ケネス・・・ 今からある話を紹介します。どなたか聞いた事があるかもしれません。あなた方の惑星にあるものです。

 

「あるところにブライトという若い女性がいました。彼女は光の速さで旅行をするという事でした。ある日彼女は相対論的な方法で旅行に出掛け、そしてその前日に到着したという事です。」(会場から笑い声)

 

この考えはあなたの現実がいかに柔軟かという事を示しています。あなたがハイアーセルフと完全に調和すると、光の速さというのは、あなたが創り出している固有の現実の輪郭を表しているヴァイブレーションに他ならないという事が分かるでしょう。これは本質的な副次効果なのです。(副次効果:ある物事に伴って従属的に起きる結果。副次的に発生する効果。)

 

あなたが自分自身の現実を創造している事に気が付くと起きてくる副次効果なのです。あらゆる創造された瞬間が即座に創造されているという事を認識出来るようになると、瞬間的に創造された一つの現実と次の現実の間に大きな違いを創造するようになると、一つのパラレル・リアリティと次のパラレル・リアリティ、それはあなたの現実にとても似通っていて、どこが変わったのか言えないようなパラレル・リアリティにシフトした時の大きな違いを認識するようになると、あなたがそのような大きな違いを創造するようになると、あなたのヴァイブレーションは光の速さの考えに向かって上昇を始めます。

 

そして光の周波数にもっとぴったりと同調するようになると、あなたの物理的な現実は、崩れ始めます。現実は溶け始めます。時間と空間は柔軟になります。柔らかくなります。あなたは出発する前に到着するようになるでしょう。あなたは空間と時間が掴みどころが無くなってくるのを受け入れるようになります。あなたは驚嘆するでしょう。シンクロニシティが現実の中で一斉に起き始めます。それらの多くが再びあなた方の人生を今まで夢だとかおとぎ話だと思っていたようなものに変えてしまうでしょう。しかしあなた方が発見するのは現実が実際はいかに動いているかという事なのです。

 

この5年の間に、今まで作り上げたものを手放して下さい。「物事は決まったやり方でやらなければいけない」という考えを手放して下さい。「自分自身が何者かにならなければいけない」という古い考えを手放して下さい。あなたにとって上手くいかない古い信念による考えを手放して下さい。あなた自身では無い物事を手放して下さい。それらを一緒に持ち歩く必要は無いのです。手放して下さい。手放して下さい。手放して下さい。

 

 

 

 

2010〜2015 Aこの期間をどう生きるか(完)

ページ上部へ戻る