災害から私達や世界は何を学ぶのか

16.被災した子供たち 日本への招聘

被災した子供たち 日本への招聘(しょうへい) バシャール the Area of Responsibility by Bashar
招聘(しょうへい) =礼を尽くして人を招くこと

 

 

 

被災地の子供は転生してきた

 

Q:こんにちはバシャール。

 

B:あなたにも、こんにちは。

 

Q:日本へのメッセージをありがとう。

 

B:どういたしまして。このような反映を伝えられて、私達も感謝しています。

 

 

日本に来てくれませんか?バシャール

 

Q:日本の多くの人がバシャールから学び、人生を変えました。私が思うのには、多くの日本の人達はバシャールからの直接のメッセージを待ち望んでいます。来日する予定はありませんか?

 

B:いいえ。

 

Q:理由を聞いていいですか?

 

B:いいですよ。招待、ありがとう。お分かりのように、地球上でエネルギーのバランスを取る必要のある事が、数多くあります。私達、又他の文明からの存在も、今日の様な集いを通して皆さんの世界のエネルギーバランスを助け、支える為に従事していますが、受け持つ地域を分担しているのです。日本は私の担当地域ではありません。

 

でも私の文明からの存在、又他の文明からの存在も、日本の為に従事しています。日本の人達が必要とするメッセージは、ちゃんと届けられるでしょう。文字通り私からではなくても。分かりますか?

 

セドナ担当のバシャール

 

そして思い出して下さい。私はいずれにしろ、日本に居る事にはならないのです。このチャネラーが今居る場所に私は居る訳ではないんです。メッセージは様々な方法で届きます。皆さんの言葉を使うこのチャネラーは、ある意味電話機の様なものです。日本の皆さんは必ずや電話を受け取るでしょう。何らかの方法で。そして今でも受け取っています。必要な方法で。

 

ポジティブな影響を受ける事を選択する人は、受け取る方法を限定しないで下さい。というのは皆さんの霊的ガイドも含めて沢山の、本当に沢山の存在がいつも皆さんを助け、支えています。この意味において、私は特別な存在ではありません。分かりますか?

 

Q:もう少し説明してくれませんか?

 

B:私の宇宙船は今、アリゾナ州セドナの上空4000キロにあります。というのはセドナのボルテックスは、北米大陸の重要なボルテックスであり、他の多くのリアリティや、他の多くの次元と繋がっています。

 

私はセドナに専心し続ける事で地球全体に奉仕しています。ですからチャネラーの身体そのものは北米大陸を離れる事は問題なくても、北米大陸に必要なエネルギー、特に私を通して流れる波動は薄められてしまうのです。例え日本に渡ったチャネラーの身体を通して北米に送ったとしても。私の文明の他のメンバーが、日本の地域で同じ事をしています。

 

Q:分かりました。

 

B:助けになりましたか?

 

Q:はい。

 

B:ありがとう。

 

Q:それから、あの津波以後、YoutubeにUFO目撃の動画が数多くアップロードされています。

 

B:そうです。多くの地球外文明が、何が起こっているのかを観察しています。皆さんが何をし、そしてどのように対応しているのか。皆さんが経験した事に対して、どのような決断を下すのかに注目しているのです。

 

というのは皆さんがこの経験からどんな選択をするかを観察する事で、他の変化も受け入れられるかどうかを推察出来るからです。そして私達とのコンタクトが準備出来た時期を察知する事へと繋がって行きます。

 

Q:分かりました。

 

B:助けになりましたか?

 

Q:はい。すると、他の存在が日本を見てくれているんですね?

 

B:多くの存在がそうしています。地球の他の地域でもそうです。私達とのコンタクトの実現性は、潜在的に高まっています。

 

Q:それから、私が大変心配しているのは・・・・

 

B:心配ですって?

 

Q:そうです。日本の子供達の健康を心配しています。放射性物質が飛び散っているので。

 

観察しているUFOは沢山います。

 

B:汚染を徹底的に除染する方法があります。重要なのはそれを早く見付け出す事に集中する事です。それは世界の為にも役立ちます。それから、皆さんの視点からは理解出来ない事は知っていますが、あの子供たちの魂は、この物質世界で何をし、いつ生まれるかを承知の上なのです。何を経験し、地球にどんな違いが生じて来るのかも。

 

その意味で地球のもたらされるべき変化の為に、敢えて今回の事を経験するのを選んで生まれて来た、力強い魂なのです。肉体は仮の姿である事を、既に知っています。あの子供達は、世界に多大なる奉仕をする、偉大なマスターなのです。今回の出来事を無駄にしないで下さい。

 

Q:本当にありがとう。

 

B:ありがとう。

 

16.被災した子供たち 日本への招聘(完)

ページ上部へ戻る