あなたは今、「豊かさ」を持っていますか?

富と豊かさの定義


 

B:私たちが言うところの「豊かさ」とは何なのか・・・ご存知ですか?

 

Q:よく分かっていないと思います。

 

B:そうですか。よろしかったらお教えしましょう。

 

Q:お願いします。

 

B:ちゃんと聞いていますか?

 

Q:はい。聞いています。

 

B:「豊かさ」とは「やれる時にやれる事をやる能力」以上!
この定義の中に「お金」について何か言っている事がありましたか?

 

Q:いいえ

 

B:この定義の中に「豊かさ」はある特定のあり方でやってこなければならないと言っていましたか?

 

Q:いいえ

 

B:「やれる時にやれる事をやる能力」それが「豊かさ」です!以上!!!

 

いいですか。それは「お金」という形でやって来ることもあります。でもあなた方の惑星においては「お金」こそが「豊かさ」の象徴であるかのように教え込まれている事も私たちにはよく分かっています。でももしあなたが「お金」が来る事だけが「豊かさ」だと決めてしまっているのだとしたら、「やれる時にやれる事をやる能力」によって開かれてくるその他の道をあなたは全部塞いでしまう事になるのです。何故なら「お金」と同じ「豊かさ」がそれらの中にもある事をあなたは拒んだ事になるからです。ここまでは分かりますか?

 

Q:はい。

 

B:そこであなたが全ての「豊かさ」を平等に捉える事が出来るようになったとしたら、又それらは同じだけの価値があると捉えられるようになったとしたら、楽にやって来ているどんな状態もみんな「豊かさ」となって来るのです。それは「お金」としてやって来るかもしれないし、誰かからのプレゼントとしてやって来るかもしれないし、あるいは「やるべき事をやる為の」環境としてやって来るシンクロの出来事かもしれないし、それは色々な形でやって来る可能性があるのです。そして全てが平等な「豊かさ」となった時、一番楽な方法でやって来る「豊かさ」が自然に抵抗なくあなたの元にやって来る事になるのです。何故なら、あなたの「豊かさ」はある特別に決められた方法でやって来る必要が無くなり、あなたの「豊かさ」が実現となる為にそのあり方じゃなくてはならない事も無くなるし、そこに多大なエネルギーを費やす事も必要無くなるからです。そこの所分かりますか?

 

Q:はい。

 

B:そこで次にしていく事は、この新しい「豊かさ」の定義を理解したうえであなたがいい感じに思える事に従っていく、という事です。つまり、あなたがこの「豊かさ」の定義をどんな形でやって来る「豊かさ」に対しても適応し、又、信頼していけるかという事です。「やるべき時にやるべき事をする」為に、それらは必要だからやって来ているのだから大丈夫なのだという事。例えそれがあなたの期待通りのものとしてやって来なかったとしても大丈夫なのだという事。そこをあなたが信頼できるかどうかなのです。

 

7.富と豊かさの定義(完)

ページ上部へ戻る